赤佐四区ソフトボールクラブ あいさつの向こう側
赤佐四区ソフトボールクラブ

イズモホール浜北

クラブの結成は昭和43年。子供会のチームとして立ち上がり、今年で48年目となる市内でも屈指の歴史と伝統をもつソフトボールクラブだ。毎週土曜と日曜日の2日間、1日練習を赤佐小学校で行っている。向上心溢れる子が多いため、平日の夜にピッチング練習を行うことも多々ある。

同チームの監督を20年にわたって務める上野正彦さんは指導方針についてこう話す。

「一番大事なのは“あいさつ”。そこについては厳しく指導しています。技術面に関しては、経験豊富なコーチ、若いコーチなどさまざまな指導者がいるので、ある程度は任せていますが、『もっと上手くなりたい』という子、一生懸命にやる子に関しては、平日の夜に自宅に呼んでトレーニングすることもあります。子供には無限の可能性があります。その可能性を引き出すためのきっかけを与えることが、我々の役目だと思っています」。

人間関係を形成する上で、あいさつは大切な第一歩。そんなあいさつを大事にする、昔ながらの“気持ちのいい”チームだ。

赤佐四区ソフトボールクラブ

イズモホール浜北

■TEAM DATA

活動日 土・日曜日

活動場所 赤佐小学校

団員数 11名

入団条件 小学1年生から6年生

2016年1月掲載 http://jr-athlete.jp/?p=639



イズモホール浜北

お問い合わせ

イズモホール浜北