有玉ミニバスケットボール少年団(男子) 向上心をもって自分を強くする
有玉ミニバスケットボール少年団(男子)

バスケットボールを目一杯楽しむことをモットーに、有玉小学校や積志小学校、中郡小学校に通う児童を中心に構成される「有玉ミニバスケットボール少年団」。

この地区は、野球、サッカーの人気が非常に高く、多くの子供たちが一度は経験しているという。

もちろん一番初めにバスケットを選択する子もいるが、決して数は多くない。

実際、現在通う子たちも以前は別のスポーツをやっていたという子が多く、高学年になってから入団する子も多いという。

チームの特徴は、プレーを楽しむ中で向上心をもって取り組むこと。

ただ指導者に教わるのではなく、上手くなるために、強くなるために自分たちで考えながら練習に取り組むことでチーム全体の強化を図っている。

練習では、1対1に力を入れ、一人ひとりが相手に負けないよう意識し、全員がチームのために全力で戦うことの重要性を学んでいる。

春のシャンソンカップでは、8年ぶりに浜松地区大会を通過し、西部大会出場を果たした。

秋のパナホームカップでは、初となる西部大会でのベスト8、そして県大会出場を目指す。

有玉ミニバスケットボール少年団(男子)

■TEAM DATA

活動日 火・土・日・祝日

活動場所 積志小学校、有玉小学校、中郡小学校

団員数 19名

入団条件 小学1年生~6年生

学区 積志小学校、有玉小学校、中郡小学校、大瀬小学校

お問い合わせ

イズモホール有玉

アスラスポーツ接骨院